リンクばかりのSEOからの変化

被リンクといわれるものが主流だったSEOから変化があるようだ。
やっぱりコンテンツ。
普通に考えたら当たり前なんだけど、なかなかそうはいかなかった。

最近では、青汁のサイトが目だって増えてきた。

以下重要な記事を残しておく


「内部」と「外部」という枠組みの終焉



一般的な SEO の解説書に目を通すと、大抵の場合、大枠の対策項目として「内部要因」(on-page factors)と「外部要因」(off-page factors)の、2つに分けて説明していることが多いはずだ。



内部要因とは、タイトル要素や META 要素に代表される HTML
ソースコードの書き方や、キーワードの書き方といった、ページ上の最適化に関する事柄を指す。一方の外部要因とは、外部サイトから自分のサイトに向けたリ
ンクを獲得していく、いわゆる外部リンクの構築に関する事柄を指している。私自身も過去に執筆・出版したコラムや書籍などでも、そういったフレームワーク
を用いて説明を行ってきた。



しかし、十年あまりの歳月を経て、Blog や Twitter、YouTube、Facebook といった新たな Web
やテクノロジーの登場により、インターネットの世界も大きく進化した。同時に、Web グラフも大きく変化した。Google
が商用検索エンジンを通じて PageRank をリリースした当時の世界とは、その解析対象とすべき世界が様変わりしており、この新しい世界にあわせて検索アルゴリズムも進化を遂げた。



その結果、先に紹介した「内部」「外部」2つの概念では、SEO の大枠を説明することは困難になってきている。



ここで、改めて検索エンジンがどうしてタイトル要素やコンテンツやリンクの解析を行っているのか、その背景について説明しておこう。



検索エンジンは、ユーザーが探している情報へ瞬時にアクセスできるよう支援するためのサービスである。これを実現するために乗り越えなければならない課題
のひとつとして、Web に点在する無数の玉石混交の Web
ページについて、各々が何のキーワードと関連しているのかを把握すると同時に、各々のページの重要度や人気度、信頼度を判断する必要がある。



たとえば、アニメのワンピースについて調べているユーザに、ファッションのワンピース情報を数多く表示しても、ユーザーは満足しない。あるいは、確かにワ
ンピースについて記述してあるかもしれないが、品質に乏しいページが検索結果に表示されても、同じくユーザーは満足しないからだ。つまり、検索クエリの検
索意図(インテント)が一致すると共に、その情報の並び順(ランキング、検索順位)も重要となってくる。



これらを実現するために、検索アルゴリズム技術は、ひとつひとつの情報のキーワードとの関連性や重要度を探るための、数百に及ぶ「手掛かり」―シグナル―を取り出して評価をしている。



例えばタイトル要素内の文字列が重視されるのは、通常、文書の見出しには、その文書の核となるキーワードが含まれているからであるし、同様に、数多くの優れたサイトからリンクを受けているという事実は、きっと重要度が高いに違いない、という判断の手掛かりになるからだ。



とりわけリンクに関連したシグナルは、今日の Google も Bing も重きをおいて評価をする傾向にあるが、これは世界中の情報の重要度や信頼度を推し量る手掛かりとしては依然として有効であり、これを完全に代替可能なシグナルはないからである。



ちなみにケータイサイト検索の検索精度が何年経っても一向に改善されないのは、もともとケータイサイトにはリンクを張りあう文化がなかったことが一因であ
る。つまりケータイの世界では、リンクを重要度や関連性を推し量るためのシグナルとして利用することができず、しかも他に(品質推定のための)代替手段が
ないために、検索精度を改善することもできないのだ。



以上のような経緯で、主にリンク解析を主軸として、ページのコンテンツ解析を組み合わせて優れた検索結果を提供するように努力してきた検索エンジン各社で
あるが、冒頭で述べた通り、Web
の世界が変化したことにより、その手掛かりたるシグナルの抽出や評価方法も変更する必要が出てきたし、また同時に、ソーシャルメディアという新たなる台頭
があったことで、新しいシグナルを検索ランキングに取り入れることも可能になってきた。













SEO を考えるための新しい3要素
SEO を考えるための新しい3要素

*クリックして拡大


少し前置きが長くなってしまったが、ここで今後の SEO を考える上で考慮すべき大枠の項目を示そう。



検索業界のトレンドや技術の進化の方向性が見えてきたこともあり、漠然とした内部・外部という表現をする必要もなくなってきたという時代背景、そして
SEO で考慮すべき項目をより明確に示すようにした。以下、各々の項目について解説するが、今後の SEO
の運用にあたり注力していくべき事柄は何かということも自ずと見えてくるはずだ。



1. アクセシビリティとコンテンツ



検索エンジンというソフトウェア(機械)がコンテンツの構造や内容を理解できるような、適切な情報伝達を行うためのサイト構築技術が SEO
の基本である。「アクセシビリティ」とは人間だけでなく、検索エンジンにもやさしい情報伝達を目指すという意味であり、HTML
マークアップや情報の論理構造化、URL
のわかりやすさといった、いわゆる従来の概念でいう「内部要因」も含む、対検索エンジンに対する情報流通最適化を指す。



もうひとつの「コンテンツ」とは、ユーザーがそれに触れた時に、内容が優れている、満足してもらえるようなコンテンツを提示せよ、ということを表す。近年
の検索エンジンはコンテンツの解析方法も進化しており、単純にターゲット(検索順位を上げたい)キーワードをどう扱うかというレベルではなく、品詞や文脈
の解析を通じて、何の情報を提示しているかを判断する。また、文字列的にキーワードとの関連性を判断するのではなく、他の要因2及び3を組み合わせること
で、その需要や品質、関連性の評価を試みる。



従って、コンテンツの企画・制作・公開を通じた、「コンテンツ・マーケティング」は極めて重要であり、そこに多くの労力を割いていく必要に迫られている。


2. オンラインの評判構築



オンラインの評判(Online
Reputation)とは、あなたのサイトがオンラインでどれだけ支持・評価を得ているのか、それをリンクというシグナルによって推し量るということで
ある。ここで外部リンク対策や構築という言葉を用いずに、「オンラインの評判構築」としている理由について考えて頂きたい。



たとえば、あなたの社会的評判は、あなた自身の日々の努力の積み重ねによって構築されていくものだが、最終的な評価をするのは第三者であり、第三者に自分の評価を上げるよう強要することはできない。



これを Web に当てはめてみよう。あなたのサイトに張られるリンクは、そのサイトの日々の活動の成果によって自然に生まれていくものであり、自分で作り出すことではない。



つまり、周りのサイトやユーザーに、リンクを張ってもらえるような、振る舞い・活動を継続的に行っていくことが求められる。純粋にサイトを評価してもらっ
てリンクを張ってもらう、自然リンクを獲得していく姿勢が重要といえる。自分のサイトのことを知ってもらうためにビジネスディレクトリにリンクを登録する
ことは OK
だが、自分の評判を不正に作りあげるような行為(たとえば業者が構築したリンク専用のネットワークサイトにリンクを掲載する)は評価がされない、と理解し
よう。



自然リンクを得ること自体の重要性は SEO の黎明期から言われていたことで、特段目新しいことでもなければ、今更言及するまでもない類の、極めて当たり前の話だ。



にもかかわらず、あえて今重要性が再び指摘されるのは、自然リンクの重要性は理解しているけれども、短期間で検索ランキングを上昇させたいために、グ
レー、あるいはブラックな手法に手を染める企業は少なくなかったこと、一方で特に Google
の検索アルゴリズムが洗練され、外部リンク供給目的で構築した、低品質なサイトの評価が著しく下がったり、検索結果から削除されるようになるなど、小手先
のテクニックがますます通用しにくくなっているという背景がある。



つまり、検索アルゴリズムの進化により、正攻法で臨まざるを得なくなっているともいえるが、同時にその正攻法が長期にわたり検索ランキング上位に表示されるための確実な手法であることが、ますます確固たるものに変わってきている、という時代の変化もある。



オンライン評判構築というのはすなわち、必要なリンクを自分の手で張るのではなく、いかに周りのサイトにリンクを張ってもらうように促せるかを考えることの重要性を表していると理解して欲しい。



3. ソーシャルでの言及と適応



十年余りの月日を得て、新たに考慮しなければいけない要素が、このソーシャル上の支持・話題性である。(日本において Facebook
はともかく)世界的に Facebook、Twitter
に代表されるソーシャルメディアが広く普及し、そのネットワークを通じて様々なコミュニケーションが行われている。このネットワークには、特にいま、まさ
に起きている出来事がリアルタイムに流れ、関心が集まる情報が広く伝播していくという特性がある。



こうした情報の行き交いや発信者について解析し、情報の有用性を探るシグナルを取り出すことにより、検索精度を高めることができる -
その結果、Bing も Google も、ソーシャルメディアに流通するリンクも検索順位の決定に取り入れるようになった。Google はオーサー
オーソリティー(Author Authority)、Bing はソーシャル オーソリティ(Social Authority)と名付けている。



こうしたソーシャルメディアから取り出すシグナルのことを、総称してソーシャル シグナル(Social
Signals)と呼ぶが、現時点でまだランキング決定時における評価配分のウエイトは小さく、まだアクセシビリティ全般やコンテンツ、あるいはリンクが
占めるウエイトの方が高い。



一方で、Google が優れたサイトと判断する基準として、そのサイトがソーシャルの世界でどれだけ言及されているか、というのを1つの指標としているとも言われている。本当に優れたサイトであれば、ソーシャルメディアで話題になっていて然るべきだからだ。



よって、今後はソーシャルメディアでどうサイトについて話題にしてもらい、ユーザーの支持を得ていくか、といった観点も重要になってくる。



これは 2.
で触れたのと同様、その支持や話題を作るのは、周りのユーザーであってあなた当人ではない。つまり、ソーシャル上の支持や話題性の具体的な対策は、自分自
身でクチコミレビューサイトに書き込みをしたり、ソーシャルブックマークに自分で登録したりすることではない。皆に書き込んでもらったり、ソーシャルブッ
クマークで皆に登録してもらうような、コンテンツを企画する―これが 1. とも密接に関連するが―ことが重要となってくる。



■やはりコンテンツが最重要



以上、SEO を考える上での3つの大局的な視点について説明した。項目としては3つに分類しているが、3者に共通していることは「コンテンツが俄然、重要である」ということに気がついて頂けただろうか。



昔から「Content is King」(コンテンツは王様)と繰り返し言われている。しかし最近は、「Content is STILL King」と表現されることもある。



当たり前であり、かつ漠然とした概念であるが、今後の SEO
の成否を決める上でコンテンツが最重要であること、検索順位を上げたければ、ユーザーの満足を得られるコンテンツをどのように提供していくか、それの成功
が、長期的に安定した検索順位の獲得につながるのである。



今回は、SEO という領域にフォーカスして解説を加えたが、この領域に携わる人が本来見るべき事業領域は、従来の「SEO」よりもはるかに広がっている。それらも含めた考え方や視点については、近日寄稿を予定している2012年の展望の中で言及したい。
posted by caster at 08:59 | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡辺美奈代さんの2011.6.18の日記から

アドレス
(http://)ameblo.jp/minayo-watanabe/entry-10926211832.html
カッコをとって

今日姉のお家に遊びに行った時に前にはなかった物を発見アップ渡辺美奈代オフィシャルブログ「Minayo Land」powered byアメブロ-天然水
『フレシャス 』
最近〜姉のお家ではこちらの天然水を使っているようです音譜
富士山御来光標高1000mから採れる
ナチュラルミネラルウォーターなんですってニコニコ
冷温水がいつでも使えて合格
とっても便利だと言ってましたラブラブ
渡辺美奈代オフィシャルブログ「Minayo Land」powered byアメブロ-天然水
料理上手な姉が大絶賛しているだけあって音譜
本当にとっても美味しいですチョキ
やっぱり美味しいお水でお米を炊いたりお鍋お鍋をしたり、ケーキケーキをつくると
味が違うみたいですよ合格

私もお家に帰ってホームページを見てみたらアップ
コンパクトでかわいいデザインでラブラブ!
今まで私が知っていたボトルタイプではなく
7ℓの軽量パックなのでクラッカー
取替えの時に楽ちんだなってニコニコ
私が見たページをリンク貼っておきますチョキ


これ→『フレシャス 』



ケータイはこちら

普段お水はペットボトルで購入していて
お家まで持って帰るのが大変だったあせるって方は配達してくれるからいいかもしれませんねニコニコ


t02200391_0480085411297797036.jpg


渡辺美奈代ちゃんがPRするとはびっくり出すね。
でもフレシャスはとてもいいみたいです。
posted by caster at 21:58 | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The River Bruce Springsteen (ザ リバー ブルーススプリングスティーン)

悲しきラブソング
この曲の奥底がわかるでしょうか?

生まれたところが、炭鉱、工業地帯。子供たちは、将来の夢が描けず、苦しむのです。
だから、彼女を作り、彼氏を作るのですが、やはりそこからは抜け出せないのです。
谷から抜け出し、川で泳いだのは、何かの比ゆでしょうか?

抜け出せない現実。アメリカにこそあるのかもしれません。
どうしようもない苦悩、サリンジャーの小説にも通じるようなセツナさが漂います

ブルース・スプリングスティーンは、労働者たちに愛され、アメリカを代表するロッカーです。日本にも、そのようなロッカーが誕生することを願います。

ザ・リバー


俺の故郷は谷の町だった
そこでは若者は 父親の跡を継ぐように育てられるんだ
俺とメアリーが出会ったのは高校時代のことで

彼女はまだ17才だった
二人で谷を抜け出し
緑の野原へドライブに行ったものだった

川へ行き 飛び込んで泳いだものだ
おー 川のところまで行ったものだった


それから俺はメアリーを孕(はら)ませてしまった
彼女が書いてよこしたのはそれだけだった
俺の19歳の誕生日 

俺は労組の組合証と結婚式に着る上着を手に入れた
二人だけで役所へ行き 手続きを済ませた
結婚式の笑いも 教会での式もなく

祝福の花も ウェイディングドレスもなかった

その夜 二人で川のところへ行った
川の中へ飛び込んで泳いだ
おー 川のところまで行ったんだ


ジョンズタウン建設会社に職を得たが
近頃は不況であまり仕事がない
大切だと思われた全てのものが

みんな空しく消えてしまったようだった
俺は何も覚えていないというふりをし
メアリーはちっとも気にしていないというふりをしている


でも兄貴の車を借りて二人でドライブした時のことは覚えている
貯水池でのメアリーの日焼けして濡れた身体は素敵だった
夜 堤防で俺は目を覚まして横になっていた

彼女の息を感じるために彼女を近くに抱きよせた
今 こんな思い出がよみがえり 俺を苦しめる
呪いのように俺を苦しめる

叶えられなかった夢は偽りなのか
それとももっと悪いものなのか

俺を川に行かせるほどに
川は干上がっていると知っているけれど
俺を川に行かせるほどに悪いものなのか


川へ
あいつと俺
川のところまで俺たちは行く
タグ:歌詞
posted by caster at 03:16 | Comment(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国のモニタリングポスト情報




posted by caster at 17:43 | Comment(0) | 放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米のガイガーカウンター業者に注文殺到

t02200391_0480085411297797036.jpg

2011年03月30日 14:02 発信地:ワシントンD.C./米国


3月30日 AFP 東京電力福島第1原子力発電所の事故による食品の放射能汚染に対する恐怖から、米国の放射線検出器(ガイガーカウンター)販売業者に世界から注文が殺到している。

 福島原発から放出された放射性物質が世界中に拡散するのではないかとの懸念が高まる中、特に環太平洋諸国の人々がわれ先にと買っているという。

■各社で軒並み売り切れ

 インターネットでガイガーカウンターを販売する業者は「売り上げは天井知らず」だと口をそろえる。ティム・フラナガン(Tim Flanagan)氏が運営する「ガイガーカウンター・ドットコム(GeigerCounter.com)」のホームページには「SOLD OUT(売切れ)」の文字が躍る。1週間以上前から受注は見合わせているという。

 2種類のガイガーカウンターを製造している水質検査機器メーカー、インダストリアル・テスト・システムズ(Industrial Test Systems)」のマイク・マックブライド(Mike McBride)氏も「今回の危機で注文が殺到している。世界中から問い合わせがある」と言う。上記の2社が過去3週間に販売したガイガーカウンターの大半は、食品汚染への懸念が最も高まっている日本と米西海岸に出荷された。

 1台450ドル(約3万7000円)するドイツ製の携帯ガイガーカウンターを販売するGSガイガー(GS Geiger)も現在、出荷まで4か月待ちだ。米テネシー(Tennessee)州のメーカー、SEインターナショナル(SE International)も残業して受注分を消化していると言い、新規注文は受け付けていない。

 米、カナダの太平洋岸では、日本から放射能を帯びた雲が来るのではないかという懸念も爆発的な売れ行きを後押ししている。マックブライド氏は日本から部品を輸入しているメーカーから日本政府の発表に不信感を持つ人まで幅広い層が購入していると言う。前週、店頭に足を運んだ女性は、アジアからの輸入食品を扱っている市場で買う食品をチェックするために1台購入して帰った。

■価格は250〜800ドル程度

 フラナガン氏によると「ガイガーカウンター・ドットコム」の通常の売上高は年間1000台で、購入するのは鉱石収集家や宝石鑑定士、科学者らだと言う。しかし、11日に発生した東北地方太平洋沖地震と津波によって福島原発が深刻な状態に陥り、複数の原子炉がメルトダウンするかもしれないという見方が広がった地震後の5日間で、500台あったフラナガン氏の在庫は全て売れた。

 販売業者たちいわく、スマートフォンサイズの携帯型の機種は250〜800ドル(約2万1000円〜6万6000円)で、使い方も簡単で信頼性も高いという。

 しかし、自然界に無害な放射線があることをユーザーは知る必要があるとフラナガン氏は強調する。購入してスイッチを入れれば機器はすぐに反応するが、それは自然の放射線を検出しているからだ。「多くの人は知らないが、わたしたち人間は常に放射線を浴びている。それは主に宇宙から届く放射線だ」

■ユーザーに放射線測定促す動きも

 同じく在庫薄となっているメーカー、インターナショナル・メコム(International Mecom)では購入者に、自分の周りの放射線レベルを計測して公開するよう呼び掛けている。「自分が集めたデータをグローバル・コミュニティのできる限り多くの人が利用できるよう、すべてのカスタマーに市民モニタリングネットワークへの参加を呼び掛けます」。

 同社が設置している米カリフォルニア(California)州セバストポル(Sebastopol)、オレゴン(Oregon)州アシュランド(Ashland)、ハワイ(Hawai)州マウイ(Maui)の3か所の観測基地での放射能レベルは、現時点では平常値だと言う。(c)AFP/Paul Handley
posted by caster at 02:47 | 放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カスペルスキーが寄付する「ガイガーカウンター」5000台、受け入れ先は未定

東日本大震災の被災地支援で、義援金に加え、放射線量を測定する機器「ガイガーカウンター」5000台を寄付すると発表した株式会社カスペルスキー。ウイルス対策ソフトなどを手がける同社がガイガーカウンターを寄付する理由について、露Kaspersky LabのCEOを務めるユージン・カスペルスキー氏は「ロシアがチェルノブイリを経験していることが大きい」と語る。

 「放射線は目に見えないので不安が広がる。ガイガーカウンターは直接身を守るものではないが、身を守るための指標としては非常に大切だ。日本ではガイガーカウンターが不足しているということも聞いていた。」

 カスペルスキー氏は今回、Android向けセキュリティアプリ「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」などのプロモーションや、販売パートナー向けカンファレンスなどのために来日した。原発事故について過熱気味に報じる海外メディアも少なくないことから、日本へ行くと言うと、ロシアでは「変人扱いされた」と振り返る。

 「多くの外国人が放射能を恐れて日本を脱出する中、私は震災前に組んでいたスケジュールを変えずに来日した。それは、私の日本市場への思いが、口だけでないことを表している。ただ、家族には心配をかけないために『ドイツへ行ってくる』と嘘をついてきたが(笑)。」

 Kaspersky Labが手配したガイガーカウンターは、ロシア製とベラルーシ製の2種類。両国のメーカーと契約し、毎月数百個単位で製造してもらっている。初回ロットの500個は納入済みで、マニュアルも独自に日本語化した。Kaspersky Labの倉庫で発送を待つだけとなっているが、寄付先はまだ決まっていない。

 寄付を受け入れる側としても、「誰にどのような基準で配布するか」を決めるのが難しいことが背景にある。複数の自治体から「ガイガーカウンターが欲しい」という要望が寄せられたが、「問い合わせベースで配布していたら『早い者勝ち』になってしまい、届けるべきところに届かない可能性も出てくる」(株式会社カスペルスキー川合林太郎代表取締役社長)。

 カスペルスキーとしては、一元的に受け入れてくれるところを探し、現在も各方面と調整を続けているところだという。川合氏は「まずは日本政府で受け入れてくれれば……」と歯がゆさをにじませている。


カスペルスキー、被災地支援でガイガーカウンター5000台を寄付 (2011/4/12)
タグ:放射能
posted by caster at 02:15 | Comment(0) | 放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉本彩のブログから

<2009年6月10日 杉本彩ブログより>
まつ毛ケア
テーマ:エレガントスタイル

私は日頃からアイメイクには、
とてもポイントをおいているので、
数年前からまつ毛のエクステをしています。

まつ毛のエクステをしていると、
アイメイクをする時に、とても楽なのですが、
自分本来のまつ毛の傷みが気になるので、
今は、まつ毛専用の美容液でケアしています。


このエッセンスを使うと、
まつ毛にハリが生まれます。

紫外線で、まつ毛も傷むことは
皆さんご存知ですか?

今回のマレーシアにも、
まつ毛美容液は持っていきました。


目元の印象は大切なだけに、
まつ毛は大事にしたいですね。

今は、ネットでしか買えないようなので、
ご興味ある方は、こちらからどうぞ!

プレミアム アイラッシュエッセンス
posted by caster at 15:46 | Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。